Homeウイイレ2021アプリの選手のレアリティ一覧

ウイイレ2021アプリの選手のレアリティ一覧

ウイイレ2021アプリの選手においてのレアリティとは、一定の初期総合値別に選手を色分けしたものです。

初期総合値が高い順に、黒玉(Black ball)、金玉(Gold ball)、銀玉(Silver ball)、銅玉(Copper ball)、白玉(White ball)の順番となります。

しかし、あくまでも「初期総合値」におけるレアリティのため、レベルがマックス(レベマ)の選手の場合、銅玉などでも黒玉の選手をレベマ総合値で抜くことがあります。

黒玉(Black ball)は初期総合値が85以上の選手が黒玉となります。基本的に黒玉に入る選手は、世界的に有名なサッカー選手が多いと言えます。

また、選手を放出した際に得られるGPも一番高い設定となっております。

金玉(Gold ball)は初期総合値が80以上~84以下の選手が金玉となります。

こちらも世界的に有名なサッカー選手が多く、残念ながらウイイレ2021アプリの初期データでは、日本人で金玉のスタンダード選手はいません。

銀玉(Silver ball)は初期総合値75以上~79以下の選手が銀玉です。日本代表のサッカー選手で有名な久保建英や南野拓海なども銀玉ですね。

黒玉・金玉に比べて比較的手に入れやすいレアリティと言えます。

銅玉(Copper ball)は初期総合値70以上~74以下のレアリティが銅玉の選手です。

個人的には一番好きなレアリティで、成長した際のレベマ総合値が高い選手が多く、若手有望なサッカー選手が多い特徴があります。

白玉(White ball)は初期総合値69以下の選手が白玉のレアリティとなります。

ウイイレ2021アプリでは、白玉のレアリティ選手が一番多く、J1リーグの選手なども大半が白玉となります。

 


トップへ