Homeウイイレ2021アプリのポジション一覧

ウイイレ2021アプリのポジション一覧

ウイイレ2021アプリでは、CF、LWG、RWG、ST、OMF、CMF、LMF、RMF、DMF、CB、LSB、RSB、GKの13のポジションで構成されています。選手カードには一番その選手の適正が高いポジションが掲載されており、選手詳細を確認することで、すべてのポジション適正を見ることが可能です。

ウイイレ2021アプリのポジション一覧

以下で、各ポジションの詳細をフォワード・ミッドフィルダー・ディフェンダー・ゴールキーパーに分けて説明していきます。

フォワードの中で最も最前列、中央に位置するポジションであり、ほとんどのフォーメーションでは1人以上は配置されています。

右サイドからの攻撃を活性化させるフォワードのポジションであり、ドリブル突破が得意な選手が多く、サイド突破しクロスを上げることや、中へ切り込んでシュートを放つことが得意な選手が多いです。シュートを打ちやすいことから、左利きの選手が多いことも特徴です。

左サイドからの攻撃を活性化させるフォワードのポジションであり、ドリブル突破が得意な選手が多く、サイド突破しクロスを上げることや、中へ切り込んでシュートを放つことが得意な選手が多いです。シュートを打ちやすいことから、右利きの選手が多いことも特徴です。

CFの周辺を動き回りながらコンビネーションで得点を狙う動きをするフォワードのポジションです。CFよりも少し下がり目に位置してプレーし、「シャドーストライカー」とも言います。

ミッドフィルダー(ハーフ)

ミッドフィルダーの中でも一番攻撃的に比重を置いたポジションであり、相手側のDMFとマッチアップする場合が多い位置にいます。「トップ下」と呼ばれるポジションもOMFとなります。

ピッチの中央に位置し、ゲームメイクやバランスを取る司令塔のポジションです。攻守に走り回るため、スタミナが要求されます。

ポジションは中盤の右側に配置され、クロスの精度、攻守に走り回るスタミナが要求されます。ウイイレ2021アプリではRMFの選手は少ないと言えます。また、RMFのポジションが必要な監督は限られています。

ポジションは中盤の左側に配置され、クロスの精度、攻守に走り回るスタミナが要求されます。ウイイレ2021アプリではLMFの選手は少ないと言えます。また、LMFのポジションが必要な監督は限られています。

ミッドフィルダーの中でも守備的に比重を置いたポジションであり、ボランチとも呼ばれます。ゲームを中盤の底から組み立てることや、相手のMFの攻撃を防ぐことが要求されます。

ディフェンダー(バック)

自陣のゴール前に配置されるポジションであり、相手側のFWを抑える守備の選手です。フォーメーションにもよりますが、各チーム2人以上は必ず在籍しています。

ポジションが4バック、又は5バック場合の右サイドに位置するディフェンダーのポジションです。守備の役割が主ですが、右サイドから攻撃時にドリブルで切り込んだり、クロスボールを挙げたりする走攻守が必要な守備の選手です。クロスボールを上げやすいことから、右利きの選手が多いです。

ポジションが4バック、又は5バック場合の左サイドに位置するディフェンダーのポジションです。守備の役割が主ですが、左サイドから攻撃時にドリブルで切り込んだり、クロスボールを挙げたりする走攻守が必要な守備の選手です。クロスボールを上げやすいことから、左利きの選手が多いです。

ゴールキーパー

ゴールを守るポジションであり、チームに指令を出しながら守備を行います。キャプテンシーのスキルがある選手が多いことも特徴です。またウイイレ2021アプリでは、他の選手と比較してGKは総合値が低く設定されています。