Homeウイイレアプリ2021選手の能力値や個性解説・一覧

ウイイレアプリ2021選手の能力値や個性解説・一覧

ウイイレアプリ2021では、各選手ごとに能力と個性の数値が割り振られています。能力はオフェンスセンスやディフェンスセンスなどの25個の能力値となり、個性は、逆足精度、逆足頻度、コンディション安定度、ケガ耐性の4つになります。

以下では、能力値と個性の解説と共に、各能力値が95以上ある選手をまとめているページのリンクを貼っていますので、チーム編成の是非参考にしてください。

オフェンスセンス

オフェンスセンスは、能力値が高いほど攻撃時にボールの反応が早くなり、相手と競った時にマイボールなる確率も上がります。

また、裏に抜ける動きや、ゴール前での良いポジショニングを取ります。

ボールコントロール

ボールコントロールの能力値が高いほど、ボールを自在に扱い、トラップやフェイントが上手い選手となります。

また、細かなボールタッチを行えることや、ボールロストの確立が減ります。

ドリブル

ドリブルの能力値が高ければ高いほど、走っている状態やスピードに乗っている状態でも正確なドリブルが可能なります。

また、スピードや瞬発力も関係しますが、高速ドリブルも行える可能性があります。

ボールキープ

ボールキープの能力値が高いほど、低速(ダッシュをしていない状態)でのドリブルターンを機敏に行うことが可能になります。

グラウンダーパス

グラウンダーパスの能力値が高いほど、正確にグラウンダーパスを行えるようになります。

また、ラストパスやダイレクトパスを多様化する場合に向いている選手です。

フライパス

フライパスの能力値が高いほど、フライパスが正確に行えるようになります。

グラウンダーパスに比べフライパスは制度が低いですが、サイドチェンジやクロスの制度が高い選手なので、注目しておきましょう。

決定力

決定力が高ければ高いほど、蹴ったシュートが枠内に飛びます。コントロールシュートやミドルシュートなどでも威力を発揮します。

間違いなく点が入る確率が上がるので、FWには決定力が高い選手を配置しておきましょう。

ヘディング

ヘディング(ヘッダー)の能力値が高いほど、正確にヘディングのパスやシュートができるようになります。

しかし、ボールを競り合いの能力値が上がるわけではなく、競り勝った後のシュートやパスが正確になる能力値です。

プレースキック

プレースキックの能力値が高いほど、ボールを置いた状態でのキックが上手くなります。例えば、コーナーキックやフリーキック、ペナルティキックなどが狙った場所に蹴ることが可能です。

カーブ

カーブの能力値が高いほど、フリーキックやクロス、スルーパス、シュートなどカーブが掛かりやすくなります。

コントロールカーブのシュートなども掛かりやすく入りやすくなります。

スピード能力

スピードの能力値が高いほど、速く選手が走ることができ、スルーパスを受ける際や裏からの抜け出しが速くなります。

対戦する選手間にスピードの差があるとフリーでボールを貰いやすく、かつ得点につながりやすいため大事な能力値です。

また、瞬発力も合わせて高い選手が多いです。

瞬発力

瞬発力の能力が高いほど、選手のひとつひとつの動作が速くなります。ドリブルからの抜け出しや裏に抜け出す動きなどが早いイメージです。

また、瞬発力が高い選手はスピードの能力値も高い場合も多いと言えます。

キック力

キック力の能力値が高いほど、パスやシュートの際に強いキックを蹴れるようになります。ミドルシュートもキック力が高いと決まりやすいと言えます。

ジャンプ能力

ジャンプ能力値が高ければ高いほど、高くジャンプすることが可能です。高身長とフィジカルコンタクトの能力値が合わせて高い場合、空中戦は強い選手と言えます。

フィジカルコンタクト

フィジカルコンタクトの能力値が高いほど、相手選手との競り合いに強くなります。空中戦での競り合いも強くなり、バランスも崩しにくくなることが特徴です。

ボディコントロール

ボディコントロールの能力値が高いほど、相手選手からのタックルを避けやすく、接触時にバランスを崩しにくいと言えます。

スタミナ能力

スタミナの能力値が高いほど、試合中に疲れることなく体力を維持することが可能です。スタミナが減ると選手のパフォーマンスに影響するため大事な能力値となります。

ディフェンスセンス

ディフェンスセンスの能力値が高いほど、守備のポジショニングが良く、守備時のボールへの反応が高くなります。

守備の失点を防ぐためには必要な能力値となります。

ボール奪取

ボール奪取の能力値が高いほど、相手からボールを奪いやすくなります。

主に、CMFやDMFの選手にボール奪取の能力値が高い選手を置くと、守備が安定しカウンターのきっかけになります。

アグレッシブネス能力

アグレッシブネスの能力値が高いほど、相手から激しくボールを奪いに行く動きをし、フォワードやミッドフィルダーでアグレッシブネスの能力が高いとプレスをかけるきっかけとなります。

GKセンス能力

GKセンスの能力値が高いほど、ボールに対する反応が速くなるGK特有の能力値です。また、GKとしてのポジショニングも良くなるため、GKにとって一番大事な能力値となります。

キャッチング

キャッチングの能力値が高いほど、シュートを打たれた場合にキャッチする確率が上がります。GK特有の能力値となります。

クリアリング

クリアリングの能力値が高いほど、GKがセーフティーな場所にボールをクリアしやすくなります。失点を防ぐためにGKセンスの次に大切な能力値となります。

コラプシング能力

コラプシングはGK特有の能力値で高ければ高いほど、至近距離からの相手のシュートに強く、セーブします。また、相手との1対1にも強くなります。

ディフレクティング

ディフレクティングはGK特有の能力値で高ければ高いほど、セービングできる守備範囲が広がります。

個性:逆足頻度

逆足頻度とは、その選手が利き足ではない足を使う頻度です。ウイイレアプリ2021では、必ず利き足は右足か左足か決まっています。

最大値は4で、「3以上」が優れているとされています。

個性:逆足精度

逆足精度が高いほど、利き足ではない足でボールを正確に扱うことができる個性です。最大値は4となり、「3以上」が優れているとされています。

シュートなどを頻繁に打つフォワードの場合は逆足精度が高い方が両足で正確なシュートが打てます。

個性:コンディション安定性

コンディション安定性の数値が高ければ高いほど、選手のコンディションが安定します。

数値は最大が8となっており、「7以上」が優れているとされています。

また、ウイイレアプリ2021では選手のコンディションはAからEまでの5段階です。

ケガ耐性

ケガ耐性が高ければ高いほど、選手が怪我をしにくくなります。最大値は3で「2以上」が優れているとされています。